金は地金商に買い取ってもらうのがよいケース、アクセサリーとしての美術的な価値がない場合です。
傷がついているとかそういった場合も含まれます。

地金商ではアクセサリーとして持っていた金も、ジュエリーではなく金として買取価格を出してくれるからです。
なぜかというと地金商は買い取った商品をすべて溶かして地金や工業製品にリサイクルするからです。
ジュエリーのデザインや型、新旧関係なく金そのものの価値が買取価格となります。

一方リサイクルショップや質屋、宝石店ではジュエリーはジュエリーとして扱われます。
つまり金の価格が先行するのではなくジュエリーとしての査定を受けるということです。
なので、金の価格よりもジュエリーのデザインや希少性がある場合は地金商よりも買取価格が高くなる場合があります。
いずれにしても買取価格が提示された場合、どうやって適正な価格を見分けるかです。
そこであせって言い値のまま売ってしまったりしたら安く買いたたきたい業者の思うつぼ、なんてことのもなりかねません。

一つ目安になる価格をお教えしましょう。
それはその日の金相場です。
インターネットで金相場と調べればすぐに出てくるはずです。
金のアクセサリーはネットである程度わかりますし、ネットショップがある場合はその買取価格の目安を掲載している業者もあります。
金の価格は金の重さと品質に連動します。
そこから買取業者の手数料と利益分のマージンが差し引かれて買取価格が提示されます。

相場の金価格と重量をかけて実際の価格が何パーセント以内になっているか計算してみましょう。
たとえば10グラムの金を持っていたとして市場価格が1グラム4000円だとすると単純計算で40000円ですね。
買取業者に持って行ったときそれが50%以内であればまあ良しとしましょう。
つまり20000円以上の価格が提示されればOK、それ以上なら「喰われている」と考えていいと思います。
手数料と利益を乗せすぎているといえます。

金を売りたい、と思った時、間違っても近所の質屋にアポなしで駆け込んだり、金高額買取します!などというのぼりの立ったお店に行かないでくださいね。

金を売りたいとなったら事前に下調べが肝心。
電話やネットで査定の方法、おおよその買取価格を出してもらってください。
その対応いかんで信頼できる所かそうでないかわかると思います。
いくつかそのようにして業者を当たってみれば、おおよその買取価格の目安がつくはずですから。