人を対象とする商売をする上で顧客管理は必要不可欠な分野となります。
顧客管理の必要性とポイントを押さえる事でよりよい運営をする事が出来ます。

まず顧客管理をする上で一番やって欲しい事が顧客を分類分けする事です。
いくらたくさんの顧客情報があったとしても、何のために集めているのか、情報の活かし方が分からないままでは意味がありません。
もしそのような顧客管理をしているようでしたら今すぐに以下の事を実施していただければと思います。
顧客管理に求める内容にもよりますがここでは主に一般的な小売、商品を販売する事に焦点をあてて考えてみます。

顧客としてはすべての人が顧客対象となりますが、まずは既に情報がありアプローチ出来る顧客を分けましょう。
分け方はリピーターとなっている顧客、とそうでない顧客です。
更にリピーターの中からも常に安定してリピートしている顧客、セールやキャンペーンなど何らかの事柄を経てリピートしている顧客にも分ける事が出来ます。
これらは購入履歴などから判断すると良いでしょう。

このように顧客を分ける事で、自社を利用している顧客にはどのような層が多いのか、また顧客が何を求めているのかが分かります。
例えばリピーター数がのびていないのであれば、なぜリピーターとならないのかを考える必要があります。「商品」「サービス」「他社に移った」などです。
もし、リピーターがキャンペーによってのびているのであればどのようなキャンペーンが有効なのかが分かります。

顧客の求めている事、満足している部分を理解する事が出来れば余分なコストの軽減にもなり結果顧客満足に繋げるサービスの提供も可能となります。
以上の事を理解することが出来れば「新規顧客の獲得」「新規顧客のリピーター化」「リピーターを自社のファンにする」それぞれへのアプローチを考え顧客にあった提案をする事が選択肢として現れます。

そして顧客の滞在している場所の比率は常に変動している物と思って下さい。
インターネットが栄えた今顧客も様々な情報を本人が求めているいないに関わらず入ってきます。
リピーターが離れて行くことはそう珍しい事ではありません。
一度顧客情報を確認したからといって同じ事を繰り返して行くだけでは時代の流れや力のある新規起業の進出などに対応する事は出来ません。

顧客管理をする上で大切なのは、顧客情報を収集した後にいかなる行動をとるかになります。結果を受けて適切なサービス等を提供する事で更なる収集と、その結果を受けて新たな対策を立てる事が出来ます。