車検を正規ディーラーや、個人の専門業者に依頼したいという人が大勢おられます。新車の場合は購入してから、3年後、それ以降は2年に一度点検、整備を行う必要があります。必要書類を準備しておきたいという人が多いので、車検証は必ず持参するようにして下さい。車検証と一緒に保管されていることが多いですが、自賠責保険証書も必要になります。自動車を購入する時に自賠責保険に加入をしているので、必ず確認をしておくようにして下さい。普通車や軽自動車は、毎年5月ぐらいに自動車税を納める必要があります。自動車税納付書が必要になるので、車検の時期までに大切に保管をしておくようにして下さい。一つでも書類が足りていないと、車検を行うことができないので、注意をして下さい。若い年代の人は知らない人が多いので、知識を持っておく必要があります。

車検の時に、最低限の必要書類

車検の時に、最低限の必要書類は、車検証と納税証明書です。車検証は、新車で購入後、初めてではなければ、前回の車検時に発行された一番新しい車検証を準備します。もし紛失してしまった場合は、陸運局に行って手続きをすれば、再発行は可能です。一つ注意が必要なのは、紛失後、古い車検証が発見された場合は、再度陸運局に行き、古い車検証を返却しなければなりません。また、納税証明書は、初めての時には3年分、2度目以降なら2年分の納税証明書が必要となります。この、納税証明書も紛失してしまった場合には再発行は出来ます。普通車の場合は、陸運局の近くにある自動車税管理事務所か、各都道府県の税事務所に申請をしなくてはなりません。軽自動車の場合は、自分が住んでいる近くの市区町村の役所の納税課に行って、手続きをすることによって、再発行が可能です。

車検を行うときの必要書類

自動車の車検は二年間に一度の周期となります。これは法律で定められているので、必ずやっておかなければなりません。まず、手順としてはどのような業者へ依頼するのかを決める必要があります。時間と知識があるなら、業者を通さずに自分で工場へ自動車を持ち込んで検査するという方法もあります。しかし、一般的には代行業者へ依頼することが多いです。業者を選ぶ時はしっかりと費用を比較しておくと良いです。そうすれば、費用が安い業者を見つけることが出来ます。車検を行うときの必要書類は、車検証と自賠責保険証の二つが必要です。これは、業者に依頼する時に必要書類について質問すれば、丁寧に教えてもらうことが出来ます。これらの書類というのは、車の中に保管していることが一般的なので、依頼する時に車の中をチェックして探しておきましょう。